• トップ /
  • 建設業界に必要な資格の難易度

建設業界で重宝される資格とは

建設業界は人々の生活に密着してその影響も大きく、不動産業界と並び数多くの専門資格があります。資格を取得すると就職や転職に非常に有利となり、企業も保有者を探しています。また、既に建設業界に従事している人も、キャリアアップの為に取得すれば日頃の業務に絶対役立ち、複数の資格を保有することで部分的な関与ではなく、トータル的な業務に携わることが可能となるなど大きなメリットがあります。建設関係の資格は国家、公的、民間資格など、その数はかなり多く、一級建築士(国家)や空間情報総括管理技術者(民間)、コンクリート診断士(民間)など難易度の高いものから、石綿作業主任者(国家)や足場の組立て等作業主任者(国家)など比較的手軽に取得出来るものまで幅広いものとなっています。当然ながら難易度の高いもの程、職場では重宝され、独立開業も可能です。ポピュラーなものでは一級建築士の合格率は近年12%程で安定しているが、二級建築士は19%~25%程で年毎に変動がやや大きくなっている。狭き門とも思えるが難易度の低いものから無理なくステップアップを図り、仕事を行いながらでも通信講座等を利用して空いた時間を有効活用して自分のペースで勉強することも出来る為、興味があれば是非チャレンジしてみてください。

↑PAGE TOP