• トップ

建設関係の資格の種類とは

建設関係の資格の種類としては、まず建築士があげられます。建築士は、一級、二級、木造に分かれていて、超高層ビルから一戸建てまでの建設物の設計、工事監理を行います。施工管理系の種類では、電気工事の工事計画や施工図の作成などをする電気工事施工管理技士、予定工期内に工事を完成させる建築施工管理技士(1,2級)、河川・道路・橋梁などで施工計画を作成したり、現場の工程管理、安全管理をする土木施工管理技士、建築機械の運転操作や現場の施工管理をする建築機械施工技士(1,2級)、冷暖房設備や空調、給排水、ガス管工事の指導をする菅工事施工管理技士(1,2級)があります。電気系統の種類では、電気設備をする電気工事士(1,2種)、施工図や工事計画をする電気工事施工管理士(1,2級)、電気設備工事・保安をする電気主任技術者(1,2,3種)、電気通信工事担当者、電気工事主任技術者、建築設備士などがあります。その他、建設関係の資格としては、不動産の鑑定をする不動産鑑定士、コンクリート建物の調査や診断をするコンクリート診断士、土地建物調査士、宅地建物取引主任、マンション管理士、消防設備の工事・整備を行う消防設備士、消防設備点検資格者などがあります。

↑PAGE TOP